お盆休みのお知らせ……こちらをご覧ください

検診で視神経乳頭陥凹拡大を指摘された

検診で「視神経乳頭陥凹かんおう拡大」「緑内障疑い」などと指摘された

人間ドックや健康診断の眼底検査で「視神経乳頭陥凹拡大」「緑内障疑い」などと指摘されたために受診される患者さんがおられます。患者さんからの質問をまとめてみました。

「視神経乳頭陥凹拡大」や「緑内障疑い」と言われたのは、なぜ?

検診では眼底カメラで撮った写真で評価します。左右の視神経乳頭を見比べてください。

左が「正常」、右が「視神経乳頭陥凹拡大」です。違いがわかりますか?
視神経乳頭内部のやや白い部分が陥凹です
正常
陥凹拡大

「視神経乳頭陥凹拡大」は緑内障の患者さんの視神経乳頭に現れる代表的な特徴です。

視神経乳頭に緑内障の特徴が出ているっていうことは、私は緑内障ってこと?
普通にちゃんと見えているんだけど‥‥

まだ、決まったわけではありません。

眼科では、眼圧、OCT、視野検査等を行います。
なかでもOCT網膜の神経線維や細胞の傷みを調べる検査で、早期発見に最も有用な検査です。

ということはOCTで神経の傷みが判明したら、緑内障ですか?

多くの場合、緑内障という診断になりますが、例外もあります(過去の網膜の血流不全や先天的な原因等で同様のOCT所見が認められることがあります)。

緑内障って眼圧が高いことが原因でなるんじゃないですか?私の場合、眼圧は正常ですが‥‥

眼圧が正常な緑内障もあります(正常眼圧緑内障と言います)。実は緑内障の患者さんの大部分はこのタイプです。

眼圧が高い場合は 眼圧が高いと指摘された の項目をご覧ください。

緑内障って視野が欠けると聞いているが、視野の異常なんて感じないんだけど‥‥?

視神経が傷んでいくと、網膜に写った画像の信号が脳に伝わらないために視野に異常が出ます。
ただ、視野の異常は自覚されにくく、自分で気づくのはかなり進行してからです。この理由はいくつかありますが、一番の理由は目が二つあるため、片目の異常に気付きにくいからです。
眼科ではパソコン内蔵の自動視野計でわずかな視野の異常の有無を調べます

診断の流れをフローチャートにしてみました。

flowchart LR A[["視神経 乳頭 陥凹拡大"]] -->B[眼圧] B -->|"高値 >20mmHg"| C1("「眼圧が高い」 fa:fa-arrow-up-right-from-square") click C1 "https://shiraoganka.com/frequent_symptoms/ocular_hypertension/" B -->|"正常値"| C2[OCT] C2 -->|正常| D1(正常) C2 -->|異常|D2["視野 検査"]-->|正常|E3(前視野緑内障) -->F2("経過観察 または 治療") D2-->|異常|E4(正常眼圧緑内障) -->F3(治療) C2-.->|"網膜疾患・先天性等"|D3(その他) subgraph 診断 C1 D1 E3 E4 D3 end style A fill:yellow,stroke:#333,stroke-width:2px style B fill:lightyellow,stroke:#333,stroke-width:2px style C2 fill:lightyellow,stroke:#333,stroke-width:2px style D2 fill:lightyellow,stroke:#333,stroke-width:2px style D1 fill:#fff,stroke:green,stroke-width:2px,color:green style E3 fill:#fff,stroke:#f66,stroke-width:4px style E4 fill:#fff,stroke:#f66,stroke-width:4px style D3 fill:#fff,stroke:#333,stroke-width:1px,color:gray,stroke-dasharray: 5 5 style C1 fill:#fff,stroke:blue,stroke-width:1px,color:blue

実際には、上記にあてはまらないケースもあります。

緑内障という診断になれば、治療が必要ですか?

視野に異常が見つかれば治療を開始します。

視野に異常がなければ「前視野緑内障」という診断になり経過観察します。ただし、年齢、家族歴、眼圧の数値、OCT所見(視神経損傷の位置や程度)等、総合的に判断して治療を開始する場合もあります

治療はどんな感じですか?

多くの場合、目薬での治療ですが、緑内障の進行状況や眼圧の数値によっては手術が必要な場合もあります。

治療で治りますか?

損傷した視神経は治すことはできませんが、目薬等で眼圧を下げることで進行を抑えることができます。生涯クリアな視界を保つためには、早期発見・早期治療が重要です。

緑内障は早期発見・早期治療が非常に有効な病気です。
自覚症状が出てからでは治療が困難です。
眼科できちんと検査を受けてください。