学校からの視力低下の通知で受診される方へこちらをご覧ください

「眼圧が高い」と指摘された

「眼圧が高い」と指摘された

健康診断や人間ドック等で眼圧を測定した際に「眼圧が高い」と指摘される場合があります。

眼圧って何?

眼球の硬さです。
例えていうなら‥‥空気がたくさん入っているビーチボールは固く、少ないと柔らかいといえば、イメージできるでしょうか?

眼圧の正常値は?

一応、10〜20mmHgかな?

一応ってどういうことですか?

眼圧が高いと緑内障の可能性が高いのですが、眼圧が20mmHgを超えても緑内障になるとはかぎりません。
逆に、20mmHg以下でも緑内障になる人もいます。
ただ、眼圧が高くなるにつれ、緑内障発症のリスクが上昇します。
また、レーシックを受けておられる方では、眼圧がもっと低くても緑内障になっている場合があるので注意が必要です。

眼圧が高いと、どんな症状が出るの?

通常、全く症状は出ません。
例外として、眼圧が非常に高い場合は「目の痛み」や「かすみ」「吐き気」等が自覚される場合がありますが…。

睡眠不足や目の酷使は眼圧に影響しますか?

どちらも健康上よろしくはありませんが、眼圧への影響はあまり、ありません。

症状がなければ放置しても構いませんか?

いいえ。
検査が必要です。
緑内障は気づかないうちに進行する病気ですが、目薬で進行を抑えることができます。
早期発見に大きなメリットがあります。

検査~診断~治療の流れ

STEP
基本の検査

視力・眼球の外観の顕微鏡検査(スリットランプ検査)・眼底検査・隅角検査等を行って眼圧上昇の原因の有無を調べます。

多くの場合、眼圧上昇の原因はありません。
ただし、一部の患者さんでは、ブドウ膜炎などの目の炎症や、網膜血管の血流不全、ステロイド薬使用などが原因の場合があります。「続発性緑内障」と称されます。
また、茶目(虹彩)と黒目(角膜)の隙間が狭いタイプの目の場合、閉塞隅角緑内障 の可能性があります。
これらの場合は治療方法が変わってきます。

flowchart LR style A fill:#f9f,stroke:#333,stroke-width:2px style B fill:yellow,stroke:#f66,stroke-width:2px A(基本の検査) ==>|眼圧上昇の原因疾患なし|B(step2 へ) A -->|"ブドウ膜炎 網膜血管の血流不全 ステロイド使用等"|C(続発性緑内障) A -->|"虹彩と角膜の隙間が狭い"|D(閉塞隅角緑内障) click B "#step2"

STEP
緑内障の検査

OCTという器械で視神経にダメージが生じているか否かを調べます。また、必要に応じてパソコン内蔵の自動視野計で視野の検査を行います。

一般的にOCTで異常が見つかれば「緑内障」、見つからなければ「高眼圧症」という診断になります。

flowchart LR style A fill:#f9f,stroke:#333,stroke-width:2px style B fill:yellow,stroke:#f66,stroke-width:2px style C fill:yellow,stroke:#f66,stroke-width:2px A("OCT (視神経のダメージを調べる)") -->|異常なし|B(高眼圧症) A-->|異常あり|C(緑内障) click C "#緑内障" click B "#高眼圧症"
STEP
治療について
緑内障と診断されたら…

治療を開始します。

ほとんどの場合は目薬での治療です。

進行状況(主に視野検査で評価します)や眼圧レベルによっては、手術になる場合もあります。

高眼圧症と診断されたら…

基本的には経過観察です。

年齢や眼圧の数値などを考慮し、目薬による治療を開始する場合もあります。

治療開始の目安ですが、若くて健康な人でも眼圧が25mmHg以上、強度近視や中高年の人であれば、25mmHg未満でも治療が望ましい場合があります。

続発性緑内障と診断されたら…

目薬等で眼圧を下げるのと並行して、原疾患の治療もおこないます。

閉塞隅角緑内障と診断されたら…

多くの場合、白内障手術で治します。白内障手術で隅角が広がり目の中の水の排出がよくなり、眼圧が下降します。

緑内障は
「相当進行するまで自覚症状がない」そして「失われた視野を回復することは不可能」なので早期発見が重要です。

高眼圧は緑内障の原因となります。
眼圧は「目薬で下げる」ことができます。 
早期発見で緑内障の進行を予防しましょう。